訪問着とは

訪問着

黒留袖・色留袖に次ぐ準礼装着物で、 未婚・既婚に関係なく幅広い場面で着用できるとても重宝な着物です。
黒留袖や色留袖と違い通常は胸や袖に柄があり、比翼仕立てにはなっておりません。 結婚式の他に、各種パーティー・七五三・お宮参り・入学式・卒業式のお母様の着物として最も多く着用されます。帯は袋帯が中心で長襦袢は一般的に着物の色とコーディネートした色物を使用します。 又、帯揚げはリンズが一般的で帯締めは帯に合わせた色物の平打ちを使用します。

袷(あわせ)・単衣(ひとえ)・絽(ろ)とは

袷、単衣、絽の着物は、式服だけでなくカジュアル着物にもありますが、ここでは礼装式服に限定して説明いたします。

胴裏、袖裏、裾回し等の裏地を付けて仕立てた着物の総称です。春・秋・冬季(10月から5月)に着用されることの多い着物ですが、現代では空調設備が整っていますのでオールシーズン着用いただけます。重量感があって写真映えもするため、盛夏であっても袷を着用する方もいらっしゃいます。

基本的には袷と絽の中間期に当たる、6月と9月に使用する着物です。表生地の素材そのものは袷とまったく同じものですが、裏地をすべて除いて仕立てますのでその分、涼しくて軽くなります。見た目は袷と同じ品でも、裏地が無いため着物の線が出にくくなる場合もあります。帯や帯揚・帯締めその他の小物類も通常は袷と同じものを使用します。

盛夏の7月と8月に使用する着物です。絽とは布の織り方の一種で、縦・横の糸の本数を減らして隙を作り風通しを良くした布地の事です。その薄手の生地を裏地を付けないで仕立てる事により軽量で涼しく着られます。7月・8月の屋外チャペル結婚式・屋外パーティーには絽の着物もお勧めです。透け感がある分、着物の地色が袷ほどはっきり見えませんので写真映りなどには気を付ける必要があります。絽の着物に付ける帯・帯揚・帯締め・長襦袢は絽の着物専用のものになります。重ね衿は使用しません。

近年では、空調設備が整っていることなどもあり、特に婚礼の装いは季節にとらわれない傾向にあります。状況を見て臨機応変に着用してください。