サイズの測り方

まずは身長を確認

自分にぴったりのサイズを選ぶことが着こなしの「鍵」ともいえる紳士礼服。
まずは対応サイズ表にてご自分の身長をお探しください。 身長がわからない場合はお手数でも確認のために測ってください。

ネックサイズを測る

身体を測る場合…首回りはのどボトケの下あたりの位置を測ります。 測った実寸に指2本が入るくらいのゆとり(+2cmほど)を足したサイズがお客様のネックサイズとなります。

*

普段のシャツを測る場合…シャツを開いた状態で平らな場所に置き、 ボタンの中心からボタンホールの中心までをまっすぐ測ってください。

*

ウエストのサイズを測る

ウエストサイズは一番変化しやすいので、現状を測っていただくのが一番確実です。

ウエストサイズは自然に立った姿勢でおへそあたりの位置(ベルトを締める位置)をベルトを少しずらして測ります。

*

股下の長さを測る

ズボンの股下は測る場所を間違えると全く合わないサイズになることもあるので、なるべく正確に測ってください。

スーツのズボンを平らな台の上で横向きの状態で置き、片足を持ち上げ、股の付け根の縫い目が十字に交差した部分の中心から、脚の内側の縫い目に沿うように裾までの長さを測ります。

*

※普段短めでズボンをお履きの方は、靴下で床に立った状態で床すれすれの丈を測り、お知らせください。(ズボンのラインが一番きれいに見えます。)

対応サイズ表で確認

身長とウエストサイズを各商品詳細ページの対応サイズ表にあてはめると、お客様のサイズがわかります。レンタル時には股下のサイズもお伝えください。

*

ウエストサイズの見方…ウエストサイズに3つの数字が並んでいますが、これはアジャスターによって対応できるウエストの幅を表しています。真ん中の数字が通常のウエストサイズとなっていますので、真ん中の数字を参考に股下の長さもあてはめ、最もご自分の体型に近いものをお選びください。

※股下はサスペンダーで調節可能(プラスマイナス約1~2cmほど)です。