お宮参りの起源

お宮参りの歴史

古来、赤子の命ははかないものでしたので、人々は何とか赤子が天に召されることがないように、悪霊の目につかないようにと祈りました。
そんな赤子が何とか生を永らえ、人生を自分の力で生きていける気配が見えた時、赤子は生後はじめて氏神様に御参りして氏子となりました。
赤子には里から贈られた初着(うぶぎ)(産着)を掛け衣装としてまといました。男児には熨斗目(のしめ)、女児には柄模様の晴れ着を着せました。社前に御神酒と赤飯を供え、赤子をつねって泣かせ、神様の印象に残し、将来の加護を祈りました。
このお宮参りの行事が済んで、氏神様に認めていただく事により、赤子ははじめて村の一員となることが出来ました。

*

お宮参りをする意味

一つは氏神様にお参りすることにより、誕生した子供を氏子の一員として承認してもらうこと。 二つ目には、未だ生命が不安定な状態にある新生児が、氏神様の御神徳により力強い生命力を得て、無事に成育することを祈願すること。 また三つ目には子供が産土神(うぶすながみ・氏神様)の御分霊を賜り、この世に生を享けたとする信仰に基づき、 これに感謝をするという意味があるといわれています。

お宮参りをする時期

男子は生後31日目、女子は生後33日目にお参りするのが一般的なようで、これは母子の産屋明けの期日であるともいわれています。 しかし、百日目のお食い初めでおこなうところもあるなど、地方によって時期が異なり、必ずしも一様ではありません。 現在では特に厳密ではなく、期日後の良き日を選んでお参りする方が多いようです。 母親や体の抵抗力の少ない赤ちゃんのことを考えて、温かい日や天気のよい日を選んでお参りするのがよいでしょう。

どこの神社にお参りするか

お宮参りは、その土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、健やかな成長を願う行事です。 著名神社にお参りすればギャラリーも多く晴れやかな気分になれるでしょう。 しかし生後間もない赤ちゃんのためには、何かと家の近くが良いでしょう。 赤ちゃんが初めて神社にお参りして、神様の御加護のもとに無事成長したことを感謝し、健やかな成長を祈ります。

*

お宮参り衣装の着せ方

当日は和装の抱き着又はベビードレス姿で神社にむかい、境内で初着を赤ちゃんを抱っこした上から掛けます。 初着の襦袢は付けておいても外してもどちらでもかまいません。 初着の紐をお母さんの肩から背中にまわししっかり結びます。 その際、縁起物の扇子(末広)、お守り等を初着の紐からぶら下げても良いでしょう。
赤ちゃんを抱くのは、日本古来の伝統では父方の祖母ですが、今の時代はそれにこだわらず、お母さんも抱いていただきたいと思います。

神社で祝詞を上げてもらう

通常通りの「お参り」だけでもかまいませんが、お祓(はら)いをうけて祝詞を上げてもらう場合は、事前に社務所に連絡しておきます。 最近は社務所の受付にお宮参り祈祷料いくらと明示してあるところが多いと思います。
当日は上段に「御玉串料」「御初穂料」下段に赤ちゃんの名前を表書きした白い封筒または祝儀袋(紅白、蝶結び、のしなし)をお礼として渡します 金額の目安は3千円から1万円ですが5千円位が一般的です。