結婚式両親の装い

結婚式のご両親の装いについて、よくあるご相談にお答えします。

息子・娘の結婚式、なにを着て行けばいいの?

結婚式や披露宴における父親・母親の立場は特別なものとなります。そのため礼儀正しいフォーマルな服装がふさわしいと言えるでしょう。

*

フォーマルな服装とは?

慶事のフォーマルには、正礼装・準礼装・略礼装があります。 前者の方が正式でフォーマル度が高く、後者の方が社交的でフォーマル度は低いです。ここでは最もフォーマル度の高い「正礼装」についてお話しします。女性の正礼装は、和装の場合は留袖。洋装の場合、昼はアフタヌーンドレス、夜はイブニングドレスになります。男性の正礼装は、和装の場合は紋付袴。洋装の場合、昼はモーニングコート、夜は燕尾服やタキシードになります。

近頃はほとんどの結婚式・披露宴で、お母様は「黒留袖」、お父様は「モーニングコート」、 夕方から夜にかけて行われる式の場合は「タキシード」を着用されています。

*

両家で相談した方がいいの?

ご両家で衣装の格を揃えるのが基本です。正礼装と決めたら、正礼装でご両家とも統一された方がよいでしょう。

どこで着替えるの?

お母様の留袖など、和装を着用される場合は美容室や着付け室に依頼するのがよいでしょう。多くの結婚式場にはヘアーアレンジや着付けを行っている美容室・着付け室が併設されています。直接電話などで予約を取りましょう。

予約を取る際に、着付けに必要な小物やお届け先の住所を聞いておくと、衣装をレンタルし宅配で届ける場合でも安心です。

お父様のモーニングなど洋装を着用される場合は、更衣室を利用しご自分で着替えることになります。当店ではモーニングをお申込みのお客様に、初めてでも戸惑いなく着られるよう衣装の着方の注意点を同梱いたしております。

*

衣装を結婚式場で借りなくて大丈夫?

留袖やモーニングを貸出している結婚式場もありますが、専門の衣装店の方がより多くの中から選べます。基本的に他の衣装店で借りた着物でも、会場の美容室・着付け室で着付けしてもらうことができます。

わからないことがあればなんでもご相談ください。

晴れ着の丸昌横浜店では、フォーマルスペシャリスト検定を受講したスタッフが多数在籍しております。専任の電話オペレーターが常駐しておりますので、不安なことがありましたらなんでもお気軽にご相談ください。