先生におすすめ 大人の卒業袴

卒業式には美しい装いで華をそえる

卒業する教え子たちが主役の卒業式。「先生」にとっても大きな節目のときとなる晴れの日には、思い出に残る装いで送り出してあげたいものです。訪問着に袴を合わせて上品に「大人の卒業袴」のコーディネートでワンランク上の着こなしを目指しませんか。「大人エレガントなコーディネート」と「大人かわいいコーディネート」に分けて組み合わせ例をご紹介します。

凛として美しく「大人エレガントなコーディネート」

品の良さを重視した組み合わせなので、どの年代の方にも愛される清潔感のあるコーディネートです。
着物の柄の中の色調に合わせた袴を選ぶとモダンな印象になります。定番の黒や紺色の袴ではなく茶、グレー、グリーンなどを組み合わせるとより一層おしゃれな雰囲気に。

コーディネート1:訪問着N3720 袴357

訪問着について
「ベージュ」は肌馴染みも良く、上品でどなたにも似合う色味です。この他にグレー系やクリーム系、ピンク系などの色味も淡いものを選ぶと大人っぽく春らしい袴スタイルになります。袖はゴールドの市松模様がポイントのシンプルな柄になっています。

袴について
室内では比較的暗いうぐいす色ですが太陽の下や照明が当たったときなどは角度によって織り生地の光沢感と繊細な地模様が浮かび上がる表情豊かな質感です。

この訪問着の詳細を見る

コーディネート2:訪問着N3701 袴404

訪問着について
竹の直線的なラインがシャープで松竹梅という伝統的な図案ながらどこかモダンな印象です。絵柄の色合いもスモーキーカラーでまとまっており、カラフルなのに落ち着いた組み合わせです。

袴について
竹の直線的なラインがシャープで松竹梅という伝統的な図案ながらどこかモダンな印象です。絵柄の色合いもスモーキーカラーでまとまっており、カラフルなのに落ち着いた組み合わせです。

この訪問着の詳細を見る

コーディネート3:訪問着N3704 袴396

訪問着について
訪問着らしい上品な色柄に目を奪われる方も多いはず。四季の花々や古典文様が詰め込まれ、優美さが光ります。左手側の柄の密度に対して、右側には大きく間があるので派手すぎることが無く、地色の美しさが引き立っています。

袴について
グレーのグラデーションが綺麗な袴はブルーグレーなどの中間色と合わせることでお互いが引き立つ効果があり、相性抜群です。シャープな色合いの袴は縦のラインを強調しますので着やせ効果も。

この訪問着の詳細を見る

大人エレガント「訪問着+袴」を探す

若々しく華やかに「大人かわいいコーディネート

20~40代の先生に特におすすめの洗練された可愛らしさがポイントのコーディネートをご紹介します。着物は柄が多くても◎。袴は着物と同系色よりも反対色やはっきりした色合いにするとアクセントになります。「可愛らしいけれど甘過ぎない組み合わせ」で若々しく華やかに。

コーディネート4:訪問着N3243 袴391

訪問着について
春の暖かい陽射しのようなやわらかで味のある色で心が浮き立つような華やかさです。縁起の良い菊など、様々な趣の花を楽しむことができます。

袴について
定番の紺色の袴もさりげないグラデーションで優しい印象に。裾の刺繍も軽やかで着物と良くあっています。無地の袴も良く合いますのでお好みに合わせてお選びください。

この訪問着の詳細を見る

コーディネート5:訪問着N3292 袴374

訪問着について
ぱっと目を引くピンク色は鮮やかなのに不思議と嫌みの無い上品さが特徴の「薄紅色」です。たっぷりと花文様があしらわれた、とても華やかな柄行が優しい印象です。

袴について
黒色の袴は重くなりすぎないように裾の刺繍で軽やかさをプラスしています。色鮮やかな着物に合わせて袴でトーンダウンしつつも可愛らしさを忘れない若々しい組み合わせです。

この訪問着の詳細を見る

コーディネート6:訪問着N3706 袴378

訪問着について
深みのある紺色が目を引きます。紫がかった紺色は「茄子紺」と呼ばれ、粋でおしゃれな色味です。花々は可憐に描かれながらも直線的な生け垣の図案が配され、全体に凛としたクールな印象になっています。

袴について
紫紺色の着物はどんな色の袴も合うのですが、今回は藤色の袴で着物と同系色の濃淡の組み合わせにしています。全体で見たときに自然な一体感があり、若々しい着こなしになります。

この訪問着の詳細を見る

大人かわいい「訪問着+袴」を探す

訪問着と袴を組み合わせる際のポイント

訪問着を袴を合わせる際に重要なのは「衿まわりや袖の柄ゆき」です。柄が多い着物でも、それが袴に隠れる部分であれば印象が変化する場合があります。そういったことも踏まえた柄選びをしましょう。女袴の袴帯は着物の帯と違い、袴から少し見える程度ですのでそれほど重要ではなく、どんな袴を合わせるかが一番のポイントになります。

レンタルについて

お申込みについての注意

  1. 「訪問着+袴」をレンタルの場合、袴帯が付属します。お客様の年齢や使用区分によってコーディネーターが   お選びしますので、お申込みの際に年齢をご入力ください。
  2. 「訪問着+袴」をレンタルの場合、袴に「セット価格」が適用されます。
  3. 袴単品でお申込みの場合、卒業時装のページからお申込みください。

「訪問着+袴」レンタルには下記の小物が含まれます 

履物は予約申し込み時にご選択ください。
その他に、補正用のタオルが必要になる場合がございます。お客様自身で着付け場所へご確認ください。